• 利用規約

    スペイシーカメラ利用規約

     

    本利用規約(以下「本規約」といいます。)には、株式会社スペイシー(以下「当社」といいます。)の提供するサービスである「スペイシーカメラ」の利用に関して、ユーザーの皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社とユーザーの皆様との間の権利義務関係が定められております。当該サービスをユーザーとしてご利用になる方は、本規約に同意いただく必要があります。本規約に同意する前に、必ず全文お読みいただけますようお願い致します。

     

    第1条 定義

     

    本規約の中で使用される以下の各用語は、次の通りとします。

    (1) 「本サービス」とは、当社販売の「スペイシーカメラ」という名称のネットワークカメラ及びネットワークカメラと連携して使用できる「Secure Watch」という名称のクラウド型レコーディングサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を指します。

    (2) 「スペイシーカメラ」とは、本サービスに対応する当社が販売するネットワークカメラを指します。

    (3) 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別可能なこととなるものを含む)を指します。

    (4) 「映像データ」とは、スペイシーカメラを利用して撮影された動画、静止画その他の映像データを指します。

    (5) 「ユーザー」とは、クラウドサービスの利用者としての登録がなされた個人又は法人を指します。

    (6) 「有償サービス」とは、本サービスのうち、当社がユーザーから対価を得て有償で提供するサービスとして指定するものを指します。

     

    第2条 本規約への同意

    1. 本サービスを利用するユーザーは、本規約への同意があったものとします。

    2. 本規約は、全てのユーザー等に適用され本サイトを通じてクラウドサービスを利用した場合にも遵守いただくことが必要となります。

     

    第3条 個人情報の管理

    1 本サービスの申込、契約締結のためにご提示いただいた個人情報については、次の各号に定める利用目的の達成に必要な範囲で適正に取り扱います。

    (1) 本サービス等に関する問合せ、ご相談にお答えすること

    (2) 本人確認、料金案内、請求、サービス提供条件変更案内、サービス停止、契約解除などの連絡、その他のサービス提供に係わるご案内を行うこと

    (3) 本サービスの改善または新サービス開発のためにご提示いただいた情報の分析を行うこと

    2 当社は、サービス提供に必要となる業務の実施に際し、業務委託先に個人情報を提供する場合があります。その場合、個人情報保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等、必要かつ適切な処置を実施します。

    3 当社は、個人情報を本人の同意を得ることなく、業務委託先以外の第三者に対して提供しません。ただし、法令により定めがある事項については、その定めるところによります。

     

    第4条 規約の変更・追加

    1. 当社は、ユーザー等に事前に通知することなく、本規約の全部または一部を任意に変更でき、また本規約を補充する規約・特約を新たに定めることができるものとします。規約の変更・追加は、本サイトに掲示した時点から効力を有するものとします。本規約の変更・追加後、ユーザーは本サービスを使い続けることにより、本規約の変更・追加に同意したものとみなします。

    2. ユーザー等は、前項の内容を十分に理解し、定期的に本規約の最新の内容を確認する義務を負うものとし、当社に対して、規約の変更・追加に関する不知を申し立てることを禁止します。

    3. 当社は、規約の変更・追加により利用者が被った損害につき一切の責任を負わないものとします。

     

    第5条 ユーザー登録

    1. ユーザー登録手続は、実際に本サービスを利用する本人が行ってください。

    2. ユーザーは、ユーザー登録時およびユーザー登録後に、当社が提供するサービスを利用するにあたり、虚偽の登録を行うことを禁止します。正確且つ真実の情報を登録してください。

    3. 登録内容の変更がある場合は、ユーザーは、直ちに登録内容を修正し、常に自身の正確な情報が登録されているよう、登録内容を管理・修正する責任を負います。

    4. ユーザーが登録した内容による不利益や損害及びユーザーが前項内容の違反による不利益や損害に対し、当社は一切責任を負いません。

    5. 当社は本サービスの利用を希望する者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、 登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

    (1)当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合

    (2)第17条1項に違反した場合

    (3)過去、本規約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合

    (4)その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

     

    第6条 本サービスの利用

    ユーザーは、本サービスの該当する契約の有効期間中、当社指定の利用方法にて本サービスを利用することができます。

     

    第7条 料金及び支払い

    1. ユーザーは、当社指定の無償サービスのみ無料で利用することができます。ただし、無料期間は1年間のみとし、2年目以降は有償サービスへ自動切り替えとなることを理解し、了承したものとします。

    2. ユーザーは、当社が定める方法により有償サービスの利用を申し込んだ場合には、利用を申し込んだ有償サービスの種類ごとに下記のURLにおいて定める利用料金を、下記において定める支払期限、支払方法により負担するものとします。

    https://camera.spacee.jp/

    支払期限:当月締め、翌月5日払い

    支払方法:クレジットカード払い、請求書払い(法人向け)

    3. 前項の規定にかかわらず、ユーザーが別途当社の定める代理店の仲介により当社との間で利用契約を締結した場合及び登録ユーザーが別途当社の定める販売店から本サービスを購入した場合には、別途当社又は販売店との間で合意する利用料金を支払うものとします。

    4. ユーザーは、本契約に基つく債務の弁済を怠ったときは、弁済すべき金額に対し商事法定利率の割合による遅延損害金を当社に支払わなければなりません。

     

    第8条 解約

    1. ユーザーは、本サービス利用停止希望日の2週間前までに解約を申出ることにより、解約ができます。解約方法はメールアドレス(camera@spacee.co.jp)へのメール送信とします。

    2. 前項の解約申し出が遅れたことにより発生した料金の支払い義務はユーザーの費用と責任となり、当社では一切の責任を負わないものとします。

    3. ユーザーは、解約により映像データが閲覧できなくなることを理解し、了承したものとします。

     

    第9条 アカウントID及びパスワードの管理

    1. ユーザーは、利用者本人がユーザー登録することとし、登録したユーザーIDとパスワードをユーザー自身の責任の下で管理するものとします。

    2. ユーザーIDおよびパスワードを利用して行われたあらゆる行為の責任は、第三者がユーザー本人の同意なく行った場合や不正に使用した場合であっても、ユーザー IDを保有しているユーザーの責任とし、当社は、その行為によって生じた一切の損害について、ユーザーの故意や過失の有無を問わず一切の責任を負いません。但し、当社の故意や過失によりユーザーIDおよびパスワードが第三者に知られた場合はこの限りではありません。

    3. ユーザーが利用した機器・回線・ソフトウェア等により生じた責任および損害、並びに、ユーザーがサービスを利用する上での過誤による責任および損害は、ユーザーが負うものとし、当社はユーザーの故意や過失の有無を問わず、一切責任を負いません。

    4. ユーザーIDおよびパスワードの情報が第三者に漏洩した場合、速やかに当社までご連絡ください。ただし、当社は、当該ユーザーIDとパスワードによるサービス利用の停止または終了を行うことはできますが、その情報漏洩によって生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

    5. ユーザーは、ログインしサービス利用後、必ずログアウトするようにしてください。ログアウトを確実に行わないと、第三者が、ログインしている当該IDとパスワードによって不正にサービスを利用されるおそれがあります。

     

    第10条 利用環境

    1. 本サービスの提供を受けるために必要な、ハードウェア、スマートフォンその他の機器、コード、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、ユーザーの費用と責任において行うものとします。

    2. 本サービスの利用環境にて、セキュリティ対策(コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等)をユーザー自身の費用と責任において行うものとします。

    3. ユーザーは、当社がハードウェアを製造又は販売する者ではなく、対応ハードウェアの故障、破損、不具合、瑕疵その他の対応ハードウェアに関する一切の事項について当社がユーザーに対して責任を負うものではないことを認識し、了承するものとします。

     

    第11条 権利の譲渡等

    本サービスユーザーは、第三者に対し、本サービス契約上の権利または義務を譲渡または移転することはできません。

     

    第12条 映像データの利用

    当社は、ユーザーが本サービスを通じて送信した映像データを、当社のサービスを運営する目的で利用することができるものとします。

     

    第13条 保証の否認及び免責

    1. ユーザーは、自己責任において本サービスを利用し、本サービス利用による一切の行為及びその結果について、その責任はユーザーが負うものとします。

    2. ユーザーは、本サービスにより当社が映像データを保存もしくは配信する場合でも、常に映像データを保存又は配信することができることを保証するものではなく、対応ハードウェアその他の本サービスの利用に使用する装置、ソフトウェア又は通信網の瑕疵、障害、動作不良若しくは不具合その他の事由により、映像データを保存又は配信できない場合があることを理解し、了承するものとします。また、当社は、映像データを保存又は配信することができなかったことでユーザーに何らかの不利益・損害が生じた場合でも、一切の責任を負わないものとします。

    3. ユーザーは、本サービスを利用することが、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自身の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反しないことを一切保証するものではありません。

    4. 当社は、本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、ユーザーのメッセージ又は情報の削除又は消失、ユーザーの登録の取消、本サービスの利用におけるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連してユーザーが被った不利益や損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

    5. 当社の賠償責任は、直接かつ通常の損害に限り、逸失利益、事業機会の喪失等の間接的な損害は含まないものとします。また、当社は、当社が明らかな不良商品であることを判断した場合において本サービス購入より3ヶ月の間に、現実に受領した本サービスの利用料金の総額を返済もしくは物品交換するものとします。

     

    第14条 禁止行為

    1 本サービスを利用するユーザーは、本サービスの利用にあたって、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。また、以下の各号のいずれかに該当すると当社が判断した場合、当社は事前に通知又は催告することなく当該ユーザーに対し本サービスの利用を停止するものとします。

    (1)法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為または公序良俗に反する行為

    (2)当社、又は他のユーザー、外部事業者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、その他一切の権利または利益を侵害する行為、またはそのおそれのある行為

    (3)本規約に反する行為

    (4)本サービスの運営に支障をきたすおそれのある行為

    (5)その他当社が合理的理由に基づいて、不適切・不相当と判断する行為

     

    第15条 第三者委託

    当社は、本サービスの代金を集金する業務を、当社の指定する外部業者に対して委託することができるものとします。

     

    第16条 瑕疵担保責任

    当社は、本商品の隠れたる瑕疵に関しては、その発生の時期に拘わらず、一切の損害賠償責任を負わないものとする。

     

    第17条 暴力団等排除

    1. ユーザーは、当社に対し、サービスの申込み時に、ユーザー及びその役員、使用人が、暴力団等(暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会勢力)でないことを誓約するものとします。

    2 当社は、ユーザーが次の各号に一つでも該当する場合、ユーザーに対する何らの催告なしに直ちにサービスを停止することができるものとします。

    (1)ユーザーが自ら又は第三者を利用して、当社に対し暴力的行為、詐術、強迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした場合

    (2)ユーザー又はその役員ないし使用人が、暴力団等であることが判明した場合

    (3)ユーザーが当社から求められた暴力団等でないことの確認に関する調査等に協力せず、資料等を提出しない場合

    3 ユーザーは当社が前条によりサービスを停止した場合のほか、ユーザー又はその役員ないし使用人が暴力団等であることを理由として詐欺・錯誤等に基づき取引を終了した場合、一切の損害賠償を請求することはできません。

     

    第18条 サービスの終了・変更等

    1.当社は、システムの保守、システム障害対応、天災等の不可抗力、その他技術上、運用上の理由により、サービスの提供を中断する必要があると判断した場合、事前にユーザーおよび第三者に通知することなく、サービスの提供を一時的に中断できるものとします。

    2.当社は、前項の措置に関連して、ユーザー等に損害または不利益が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。

    3. 当社は、何らの予告なく、当社の判断で、サービスの全部または一部を終了・一時停止・変更・追加できるものとします。

    4. 当社は、前項のサービスの終了・変更・追加に起因する一切の損害について、ユーザーおよび第三者に対して一切責任を負いません。

     

    第19条 システム等についての非保証

    1.当社は、サービスに関連するコンテンツには万全を期していますが、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていないことを保証しません。当社は、これにより生じた一切の損害について、ユーザー等および第三者に対して一切責任を負わないものとします。

    2.当社は、コンピュータ、システム、通信回線などの障害により、ユーザー等および第三者に生じた一切の損害(データ消失、システムの中断、不正アクセスなど)について、一切責任を負わないものとします。

     

    第20条 ユーザーの賠償等の責任

    1. ユーザーは、本規約に違反又は本サービスの利用に関して当社に不利益や損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。

    2. ユーザーが、本サービスに関して他ユーザー、外部事業者その他の第三者からクレームを受け又はそれらの者との間で紛争が起きた場合において、直ちにその内容を当社に通知し、ユーザーの費用と責任にて当該クレーム又は紛争を対処し、当社からの要請により、その経過報告と結果報告を当社に連絡するものとします。

    3. ユーザーによる本サービスの利用に関して、当社が、他ユーザー、外部事業者その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求があった場合、ユーザーは当該請求により当社が当該第三者に支払を余儀なくされた費用を賠償しなければなりません。

     

    第21条 分離可能性

    本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

     

    第22条 準拠法・裁判管轄

    1.本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、ユーザー等と当社の間で生じた紛争については、その訴額に応じて東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

     

     

    2018年12月1日制定